* My natural beauty life * iherb アイハーブ

オーガニックコスメを購入するためにiHerb(アイハーブ)で個人輸入を始めました。このブログではiHerbで実際に購入した商品のレビューや、iHerbの注文方法(画像付き)や、個人輸入における注意点、初回限定割引クーポンコードなどをまとめています。また、iHerb以外のオーガニック・ナチュラルコスメのレビューもしています。 

この記事に含まれるタグ :
iherb  EWG  




スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
現在は新しいブログを中心に更新しています。→こすめだより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


(記事編集) http://mynaturalbeautylife.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
現在は新しいブログを中心に更新しています。→こすめだより

安全な日焼け止めがわかるサイト「EWG's Guide to Sunscreens」—PA表記がない海外の日焼け止めはUVAを防げないってほんと?—

   ↑  2014/07/13 (日)  カテゴリー: iherb * 日焼け止め
現在は新しいブログを中心に更新しています。→こすめだより
先日『化粧品成分の毒性やコスメの危険度がわかるサイト「EWG's Skin Deep」』の後半でもお伝えしましたが、今回は日焼け止めの安全性を評価しているサイト「EWG's 2014 Guide to Sunscreens」についてご紹介したいと思います。

スキンディープにも日焼け止めのカテゴリがありますが、EWG's Guide to Sunscreens はより詳しい情報が掲載されています。

EWG's Sunscreen

EWGが厳選した安心して使える日焼け止め


スキンディープには載っていない情報に加えて、EWGが厳選した「ベストサンスクリーン」が紹介されているのもこちらのサイトの特徴です。ベストサンスクリーンは毎年更新され、このサイト自体も年ごとに新しいものが作られています。

トップページ左側に「The Best Beach & Sports Sunscreens」のボタンがあります。クリックしてみると

EWG's Sunscreen

ブランド名がA~Z順で並んでいます。さらにブランド名をクリックすると該当する日焼け止めが表示されます。「Badger」からは7つの日焼け止めがランクイン。スコアは1と安全性が高いと評価されています。

EWG's Sunscreen


スキンディープと同様に危険度の評価は点数化されており、0~10のレベルで商品の安全度が表示されています。

危険度が低い(安全性が高い)順に0~2(緑)、中ぐらいの危険度 3~6(黄色)、危険度の高いものが7~10(赤)と点数がつけられていますので、ベストサンスクリーンにリストアップされている日焼け止めはスコアが0~2(緑)のものだけです。

紫外線対策もばっちり!安全な夏のベースメイクの参考に


↓こちらは真ん中のボタン、2014年の「The Best Moisturizers with SPF」。

フェイス用の日焼け止めや、日焼け止め機能付きの化粧下地、BBクリーム、CCクリームがこちらに該当します。

一番上には私の愛用品「Andalou Naturals」がありました。スコア1と安全性について高い評価を得ています!

EWG's Sunscreen


さらに個別に「Andalou Naturals, BB Oil Control Beauty Balm, Un-Tinted with SPF 30, 2 fl oz (58 ml)」のページを開いてみると


EWG's Sunscreen


アメリカの日焼け止めにはPA値の表記がない!UVAは防げないの?


日本の日焼け止めには、PA値によってUVAをどれだけ防げるか一目でわかるように規定されていますよね。

しかしアメリカの日焼け止めには、PA値のようなUVAについての防御目安を示す数値はありません。

PA値というのは日本独自の規定であり、表記しているのは日本で販売されている日焼け止めのみ。SPF値は世界共通の紫外線防止指標ですが、このPA値というのは「日本化粧品工業」が定めたものなのです。

世界的にみてもUVAに関する指標があるケースは日本くらい。改めて考えてみると日本の日焼け止めは親切だなと思いました。

指標がない海外のサンスクリーンは、メーカーが各々の基準でUVA Protectionなどと表示しています。また、UVAとUVBともに防ぐことを表わす言葉として「ブロード・スペクトラム」(Broad Spectrum=広い波長の紫外線を防ぐ)という表示が使われているようです。

測定基準や数値のない海外製品だからといって「PA値が0=UVAは防げない」という意味ではありません。でもどのくらい防いでくれるのか気になりますよね。

この疑問や不満をも解決してくれるのが「EWG's Guide to Sunscreens」のすごいところ!

上の画像の楕円で囲んだところに注目してください。

UVB PROTECTION
UVA PROTECTION
UVA/UVB BALANCE
SUNSCREEN STABILITY
HEALTH CONCERN
OTHER CONCERNS

以上の項目とそれに対する評価がつけられています。

UVBはSPF値、UVAに関しては「EXCELLENT」などの言葉で評価されています。
UVAとUVBの防御バランスという項目もありますね。紫外線波長領域内の光を広く防ぐことができるのかが分かります。

さらに下の四角で囲んだところには、日焼け止めの「紫外線吸光度」を示したグラフが載っています。

紫外線吸光度とはUV強度がどの程度弱まるかを示したものです。吸光度の数値が高いほど、その波長の光を遮る=防御率が高いということになります。

これらの情報は『Skin Deep(スキンディープ)』には載っていないものです。

一方で成分の毒性や安全性についてはスキンディープの方が詳しく載っています。両方を参考にするとより詳しい情報を得ることができますね。

「EWG's Skin Deep」や「EWG's Guide to Sunscreens」を参考にする際の注意点


毒性や安全性に対する評価だけにとどまらず、研究記事など情報の宝庫となっている両サイト。
興味がありましたら、翻訳サイトなどを活用してじっくりと読んでみる価値が十分にあると思います。

しかし、両サイトの評価を参考にする際に心に留めておくべきことがあります。それらのことや、両サイトから得られる為になる情報などをまた別の機会でご紹介できたらなと思っています。


sunscreen_info3.png



iHerbでのお買い物はこちら
■お会計の前にiHerbセールページとお得なお試し商品もぜひ見てみて下さいね。

iHerbの注文方法はこちら(リンク先は新しいブログになります。)
初めてでも安心してお買い物できるように、注文方法をまとめてみました。画像も付けていますので、参考にしてみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


この記事に含まれるタグ : iherb EWG 

(記事編集) http://mynaturalbeautylife.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

2014/07/13 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
現在は新しいブログを中心に更新しています。→こすめだより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。